獣医さんが応援する学校の動物

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
170421福井市旭小学校でのふれあい授業

 旭小学校2年生のクラス35人でモルモットが飼育されています。これからお世話するにあたり、たくさんの質問がクラスのお友達から寄せられました。モルモットの寿命は?好きな食べ物は?与えてはいけない食べ物は?抱っこの仕方は?赤ちゃんの時の様子は?などなど・・・

 聴診器でお友達の心音とモルモットの心音を聴いてみました。モルモットの心音がとても早いこともわかりました。抱っこしたいと希望するお友達、次第に多くなっていったことがうれしく感じました。また、「寿命が人間よりも短いけれど、その分毎日一生懸命心臓を動かして生きているんだよ」という大門先生のお話にうなづいているお友達の顔、印象的でした。

- | 09:25 | comments(0) | - |
170420 平成29年度保幼小接続講座に参加しました

 4月20日福井県の保育園、幼稚園および小学校の先生260人を対象に、教育の場での植物、動物のふれあいについての講演がありました。動物のふれあいでは、大門由美子獣医師による講演を行いました。同時に、講演会の場所の一角でモルモット3匹を用いてふれあいコーナーおよびモルモットを飼育している学校の児童が作成した新聞等を展示しました。

- | 08:34 | comments(0) | - |
160919動物愛護フェスティバル開催

 9月19日(月)大野市六呂師高原で開催されたアルプス音楽祭の会場で、動物愛護フェスティバルを開催しました。

今年は勝山市立村岡小学校の2年生24名の児童の皆さんによる学校飼育動物の体験発表がありました。

 児童がモルモットの世話で疑問に思ったことを担当獣医師の役の児童が答える このやりとりを上手におもしろく発表にしてくれました。中でも「な・る・ほ・ど〜」というセリフがとても印象的でした。この発表内容は、児童が考えたとのこと。すばらしい!!

 あわせて、会場にはモルモットを飼育している県内の小学校からたくさんのポスター、学校新聞が提供されました。どれもこれも力作でした。

 また、モルモット、うさぎ、鶏を用いて、ふれあいコーナーを設けました。はじめはちょっと触るのがこわくてかたい表情の感じの方もいらっしゃいましたが、一度動物たちに触れてみると、笑顔にかわっていました。とてもあたたかくてやわらかい・・・このような感想が聞こえました。命あるもののあたたかさ、感じてもらえてとてもうれしかったです。

 この日は、雨で、天候に恵まれなかったのですが、たくさんの方が来場してくださいました。本当にありがとうございました。

 

- | 22:14 | comments(0) | - |
160908鯖江市進徳小学校でのふれあい授業

 9月8日(水)3年1組および3年2組あわせて42人の児童を対象に、モルモットを用いたふれあい授業を行いました。

野呂獣医師からモルモットの触れ方や飼い方について説明をしました。

- | 20:44 | comments(0) | - |
160713仁愛大学での動物とのふれあい体験実習

 7月13日(水)午前中保育実践演習の一つとして、動物ふれあい体験実習がありました。将来、保育士さんを目指している学生さん々に体験してもらいました。

 参加した動物は、モルモット3頭、ニワトリ1羽、ウサギ1羽の豪華キャストメンバーです。

学生さんは、ふれあい時間の最初は恐る恐るの方もいらっしゃいましたが、最後は、何回も何回も動物を上手に触っていました。

動物たちはふれあい授業ベテランであり、堂々と落ち着いた様子です。(ドヤ顔アピールです!!)

 この授業が、将来保育士になった時に子供と触れ合うときに活かせてもらえればいいなあと思います。

- | 03:26 | comments(0) | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.